大腸がん(結腸がん・直腸がん)の症状 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

大腸がん(結腸がん・直腸がん)の症状

大腸がんの症状

大腸がん(結腸がん・直腸がん)の自覚症状は、大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって違います。

主な症状は、血便、下血、貧血、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。

早期の段階ではほとんど自覚症状は見られません。

がんに特徴的な症状はなく、痔などの良性疾患でもがんと類似した症状がおきるので、受診が遅れ発見が遅れることがあります。

盲腸や上行結腸や横行結腸に発生したがんの場合、便がまだ柔らかい状態のため、腫瘍で腸管が狭くなっていても、便が通過し辛かったり、腹痛が起きたりすることも少ないです。その上、たとえ出血をしていても、肛門に至るまでの間にヘモグロビンが分解されて、出血も解りにくくなるので、貧血の症状があらわれて初めて気付くことなどもあり、早期発見が難しくなっています。

S状結腸や下行結腸に発生したがんの場合、血便や下血にも気付きやすく、便が固くなっているため、腫瘍で腸管が狭くなると、腹痛や便秘などの便通異常にも気付きやすくなります。腫瘍で腸管が塞がる腸閉塞を起こすこともあります。

また直腸に発生したがんの場合、肛門に近いため症状が出やすい部位になります。赤色の血便が出たり、肛門に近い腸管が狭くなるため細い形の便が出たり、残便感を感じたり、下痢と便秘の繰り返すことがあります。

痔とよく間違える血便ですが、がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。自覚症状がなく、嘔吐などのがんによる腸閉塞症状で発見されたり、肺や肝臓の腫瘤(しゅりゅう)として大腸がんの転移が先に発見されることもあります。こうした症状で発見されるがんは進行したものです。