大腸がん(結腸がん・直腸がん)の治療 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

大腸がん(結腸がん・直腸がん)の治療

大腸がんの治療

治療法には内視鏡的治療、外科療法、放射線療法、化学療法があります。

1.内視鏡的治療

お腹に傷をつけることなく、大腸内視鏡を用いてがんを切除する治療法です。

大腸内を直接目で見ながら観察でき、切除した病変を詳しく診断できるため、診断と治療の目的で行なわれます。

また拡大内視鏡を用いることで、より精密な検査などが可能です。

(1) 内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)

きのこのように盛り上がった茎のある腫瘍の場合は、スコープを通してスネアとよばれるループ状の細いワイヤーを病変の部分に引っかけて締めて高周波電流で粘膜を切り取ります。

(2) 内視鏡的粘膜切除術(EMR)

きのこのように盛り上がった茎がなく平たい腫瘍の場合は、ワイヤーがかかりにくいため、病変の下層部に生理食塩水などを注入して周辺の粘膜を浮き上がらせた状態にしてから広い範囲の粘膜を切り取ります。

(3) 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

腫瘍の下側に生理食塩水などを注入して、腫瘍を電気メスで薄く剥ぎ取ります。ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)で切除出来ない大きな腫瘍も一括で切除できます。

2.外科療法

大腸がんの治療の中心は外科療法で、がんそのものを切除する局所療法です。

内視鏡治療が適用にならなかった場合に手術が行なわれます。

手術の合併症としては、縫い合わせた腸がうまく繋がらなかった場合に便がお腹に漏れ出る縫合不全、手術したお腹の傷が化膿する創感染、手術の影響で腸の働きが低下し、便の通りが悪くなる状態の腸閉塞などがあります。

(1)結腸がんの手術

がんがあるところから10cmほど離れたところの腸管を切除し、残った腸管を繋ぎ合わせます。結腸がんの場合、切除する結腸の量が多くても、手術後の排便や排尿などの機能障害が起こることはほとんどありません。リンパ節への転移を考慮し、リンパ節の切除(リンパ節郭清)も一緒に行われます。

(2)直腸がんの手術

直腸の近くには、前立腺・膀胱・子宮・卵巣等の臓器や、膀胱機能・性機能をコントロールする重要な神経があります。

可能な限りこれらの神経を温存する方法がとられますが、がんが進行している場合には、がんを根治させることを目指すために、やむなくこれらの神経を切除することもあります。

  1. 自律神経温存術
    排尿機能と性機能をコントロールする自律神経を手術中に確認し、がんの進行度に応じて自律神経を温存する手術方法です。神経の全てが温存できれば、手術前と同様な機能を保つことが可能ですが、がんが神経の近くにまである場合は、神経を切除する必要があり機能障害を起こす可能性が考えられます。
  2. 肛門括約筋温存術
    近年では医療技術の進歩により、直腸がんの8割は肛門を温存できる手術が可能になりました。肛門括約筋温存術とは、病巣とリンパを切除し、残った肛門側の直腸とS状結腸を繋ぎ合わせ、自動吻合器という筒状の機械を使い、短くなった直腸端と結腸の先端を繋ぎ、本来の肛門からの排便を可能にする手術方法です。
  3. 直腸局所切除術
    早期のがんで、広がりが限られたがんを切除する方法です。
    お腹を切らずに、肛門からと仙骨近くの皮膚、直腸を切開し病変を切除する方法です。
  4. 直腸切断術
    肛門に近い直腸がんや肛門にできたがんでは、直腸と肛門を一緒に切除し、人工肛門(ストーマ)を造設する直腸切断術という手術を行ないます。また、高齢者は肛門括約筋が低下しており、肛門を無理して温存しても手術後の排便コントロールが難しい場合もあるので、人工肛門の造設を勧めることもあります。人工肛門に袋を装着し、袋に便が溜まったらすてるという方法で、慣れれば手術前とほぼ変わらない生活が送れます。

(3)腹腔鏡手術

お腹に1cmほどの穴を数ヶ所あけ、専用のカメラや器具を使い手術する方法です。

開腹手術と比較し傷が小さく済むため、手術後の痛みも少なく、身体の回復も早いです。

しかし通常の開腹手術と比較しリンパ節郭清が難しく、消化管を繋ぎ直す技術が十分ではないため、合併症のリスクがやや高くなる可能性も指摘されています。

3.放射線療法

大腸がんに対して現在行われている放射線治療は、結腸がん・直腸がんによって適応が異なります。

  • 直腸がんの場合、手術前もしくは手術中・手術後に行われるケースで外科治療に放射線治療を加えることによって、骨盤内の再発予防や人工肛門を避けることを目的としております。 多くの場合は、放射線の治療の効果を高める抗がん剤を組み合わせて通院で行われます。また、手術不可能なときなどにも放射線治療が用いられる場合があります。
  • 結腸がんは、原発巣に対して放射線治療を行うことは殆どありません。 結腸がんで放射線治療の適応となるものは、骨転移に対する緩和照射や肺転移に対する照射などです。
  • 再発した大腸がんの症状を緩和する目的と骨盤内再発、骨転移、リンパ節転移などに行われるものです。約80%に痛みなどの症状の改善がみられます。

特に最近では多方面から正確に照射できるような最新機器を用いるようになり非常に有効性が増しています。

放射線療法の副作用は、主には放射線を照射している部位におこります。

そのため治療をしている部位により副作用は様々で、治療期間中にでる副作用もあれば、治療が終了してから数ヶ月~数年後におこる副作用もあります。

治療中におこりうる副作用としては、全身倦怠感、嘔気、嘔吐、食欲低下、下痢、肛門痛、頻尿、排尿時痛、皮膚炎、会陰部皮膚炎(粘膜炎)、白血球減少などがあります。

治療後数ヶ月してからおこりうる副作用としては、出血や腸管や膀胱などの炎症があります。

4.化学療法

化学療法(抗がん剤や分子標的剤)には、がん細胞を死滅させる働きや、がんが進行するスピードを抑える働きがあり、大腸がんに対する化学療法の目的は、大きく2通りあります。

1.大腸がん(結腸がん・直腸がん)の術後の再発を防ぐための化学療法

大腸がん(結腸がん・直腸がん)を完全に治すための治療の原則は、手術でがんを完全に取りきることです。

再発をできる限り防ぐために、手術後に術後補助化学療法を行うことが推奨されるのは、再発の可能性が高いステージⅢ以降の場合です。

また、ステージⅡの場合でも、再発の可能性が高いと判断される場合には、術後補助化学療法を行うのが、今の一般的な考え方です。

術後補助化学療法には、1種類の抗がん剤を使用する場合と、2種類の抗がん剤を組み合わせる場合があります。

作用の異なる抗がん剤を組み合わせることで、副作用が強くなりますが、高い効果が期待できます。十分な再発予防効果を得るために、通常6ヵ月間の治療が推奨されています。

2.手術ができない場合や再発した場合の化学療法

手術で取りきることができない場合や、再発し切除不能な場合に、抗がん剤を使用する治療です。

この治療は、がんの進行するスピードを抑え延命することを目的として行われます。

他臓器への転移がありステージⅣの場合、大腸(結腸・直腸)だけでなく、転移した臓器のがんにも対象となります。

切除不能な大腸がんに対する化学療法では、いくつかの抗がん剤を組み合わせて行います。

作用の異なる抗がん剤を組み合わせることで、効果が高まることが期待されます。治療の流れは、効かなくなった場合や、治療を続けるのが困難な副作用が現れた場合に、薬剤変更や投与スケジュールを変更し可能な範囲で化学療法を続けていきます。

副作用としては、吐き気・嘔吐、脱毛、口や消化管の粘膜の炎症、血小板や白血球などの減少、倦怠感、手足症候群やしびれなどがあります。

<主な抗がん剤の種類>

  • フルオロウラシル(5-FU)
    主な副作用
    下痢、口内炎などの粘膜障害、白血球の減少、色素沈着、吐き気、食欲低下
  • カペシタビン(ゼローダ)
    主な副作用
    手足症候群、吐き気、嘔吐、赤血球の減少、下痢、口内炎
  • FOLFOX療法
    ・フルオロウラシル(5-FU)
    ・レボホリナート(ロイコボリン、アイソボリン)
    ・オキサリプラチン(エルプラット)
    主な副作用
    末梢神経障害、白血球や血小板の減少、下痢、脱毛、吐き気
  • FOLFIRI療法
    ・フルオロウラシル(5-FU)
    ・レボホリナート(ロイコボリン、アイソボリン)
    ・イリノテカン(カンプト、トポテシン)
    主な副作用
    骨髄抑制、下痢、口内炎、吐き気、脱毛
  • ベバシズマブ(アバスチン)
    主な副作用
    高血圧、尿たん白、粘膜からの出血、血痰、白血球・好中球の減少
  • セツキシマブ(アービタックス)
    主な副作用
    発疹、乾燥・ひび割れなどの皮膚障害
  • パニツムマブ(ベクティビックス)
    主な副作用
    皮膚障害、低マグネシウム血症、口内炎
  • レゴラフェニブ(スチバーガ)
    主な副作用
    手足症候群、発疹、高血圧、下痢、声が嗄れる、食欲低下、疲労感
  • トリフリル・チピラシル塩酸塩(ロンサーフ)
    主な副作用
    白血球の減少、食欲低下、倦怠感、吐き気