新フコイダン療法でがん縮小!再発転移の直腸がん治療2016/12/22 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

新フコイダン療法でがん縮小!再発転移の直腸がん治療2016/12/22

新フコイダン療法でがん縮小!再発転移の直腸がん治療

 

直腸がん70歳女性の経過をお話いたします。

患者様は直腸がん・リンパ節転移があり、術前抗がん剤治療後に手術を行ない、その後は経過観察中でした。

手術後1年の検診で肺への転移が確認され、腫瘍の位置から手術は不可との診断で、抗がん剤治療を開始されてまもなく新フコイダン療法を開始されました。

 

新フコイダン療法でがん縮小!再発転移の直腸がん治療新フコイダン療法を開始した理由は、主治医から副作用が強くでる抗がん剤を使用すると言われたこと、他の臓器に転移する可能性があると言われたことで、体力がある時に一気に癌をやっつけてしまいたいと思ったからと聞いています。

抗がん剤治療に新フコイダン療法、それに加えて食事療法に温熱療法も実践されました。

副作用は手足のシビレが少し出ているけれど、血液状態の悪化もなく、比較的軽くすんでいると思います。

 

新フコイダン療法開始3ヶ月後のCT検査で、2個の腫瘍の内1ヶ所は80%縮小、もう1ヶ所も薄くなっていたと報告していただきました。

体調も良く、CT検査の結果も良かったので、ご主人様と旅行に行こうと思うと話されていました。

 

それから3ヶ月後のCT検査では前回の縮小を維持しているとのことでした。

腫瘍のサイズが変わらないと聞いた時、とてもがっかりしたそうですが、主治医の先生が「癌は大きくなっていく性質を持っているのに、縮小を維持できていて体調も良いのは、とても優秀なことですよ。」と言われたそうです。

その言葉を聞いてとても嬉しかったとお聞きして、私も安心しました。

 

主治医からは「腫瘍も縮小を維持できているし、今のサイズなら手術で切除できるので、手術をしましょう。手術に耐える体力もあるので問題ないでしょう。」と言われたそうです。

患者様はもちろんですが、ご主人様やご家族の皆様も大喜びでした。

 

お電話で話をお聞きして、本当に嬉しかったです。転移がんを発見したタイミングが良かったこともありますが、抗がん剤治療や新フコイダン療法や食事療法などを取り入れられたタイミングも良かったと思いました。それと癌をやっつけようという意気込みもとても大切なことだと改めて思いました。

 


現在の「大腸がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『大腸がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

大腸がん治療の方の専門サイト