S状結腸がんの治療で新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!2016/12/22 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

S状結腸がんの治療で新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!2016/12/22

S状結腸がんの治療で新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!

 

大腸がんで新フコイダン療法を取り入れた方のお話をさせていただきます。

この方は70歳代の男性で大腸のS状結腸がんで治療をされています。

診断当初は転移がないと言われていたため、手術にてS状結腸を切除されました。

しかし手術後初めての検査で、肺に影があることが判り、生検をされたところ大腸がんからの転移と診断されました。

転移との診断後から、抗がん剤治療と放射線治療を行い、一時は消失したそうです。

その後は肺だけでなく、脳への転移も認められ、抗がん剤の種類を変えながら治療を続けられていたそうです。

抗がん剤の種類を変更してもなかなか治療の効果は思わしくなく、少しでも進行を抑えることに繋がり、少しでも治療が長く続けられるようにと、新フコイダン療法を取り入れられました。

 

S状結腸がんの治療で新フコイダン療法を取り入れ、体調改善!新フコイダン療法を始められてから感じたことは、「血流が良くなったように感じること。」だそうです。以前は夏でも手足が冷えていて、お風呂上りでも寒いなと感じることも多かったそうです。

また「新フコイダン療法が体の中でしっかり働いてくれているのか、左肩甲骨にあった腫れは治まり、同時に痛みも引いてきた。食欲も少しずつ回復し、あれが食べたい、これが食べたいと思う気持ちも出てきた。」と、とても喜ばれていました。

 

お天気の良い日には奥様と散歩に出掛かけられたり、体操をしたりと気分転換に外へ出るようにされているそうです。

ご家族や周りの方からも顔色がとても良くなったと言われ、「自信がついた、前向きに一歩一歩進んで行きたい。」とお話ししてくださいました。

お電話をいただくたびに、お声は段々と力強くなり、ご体調が上向きになられているご様子が伺えとても嬉しく思いました。

 


現在の「大腸がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『大腸がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

大腸がん治療の方の専門サイト