進歩する大腸がん治療と新フコイダン療法2018/01/23 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

進歩する大腸がん治療と新フコイダン療法2018/01/23

進歩する大腸がん治療と新フコイダン療法

 

先日、大腸がんの転移について気になる記事を読みました。

 

大腸がんの発がんに関与するといわれている5種類の遺伝子のうち、どの遺伝子に変異があると転移しやすいかを、マウスで調べたところ、特定の3種類の遺伝子に変異があると、大腸がんが転移しやすくなることを突き止めたそうです。

この研究成果は人間でも同様に考えることができるとのことで、大腸がんの転移を効果的に防ぐ新タイプの薬の開発につながると考えられています。

遺伝子の情報をもとに個々の患者に適した治療を行う「ゲノム医療」に役立つと期待され、今後の大腸がん治療がますます有効になってくるのではと思います。

 

進歩する大腸がん治療と新フコイダン療法大腸がん治療は日進月歩で研究が進み、進歩していっています。

患者様それぞれに合った治療を行なうことで、がんへの働きも大きくなると思います。

 

新フコイダン療法は病院での治療を軸とし補完することで、がんへの働きを増強させることにより、がんに対してより大きな働きかけを行い、より良い経過を目指す療法です。

大腸がん治療が、患者様それぞれの遺伝子タイプに合った治療に進化していけば、新フコイダン療法を補完することで、もっともっと大きな力でがんに働きかけることができるようになるのではと思います。

 

大腸がん克服に必要な力を100%に近づける為に、今回の発表は大きな一歩になってくれるといいなあと思っています。

それと同時に、大腸がん治療に新フコイダン療法を補完し、良い経過をたどられる方が増え、皆様に改善の輪が広がっていけば嬉しいなと思いました。

 


現在の「大腸がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『大腸がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

大腸がん治療の方の専門サイト