経過良好!再発予防で新フコイダン療法を始めた患者様2018/02/28 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

経過良好!再発予防で新フコイダン療法を始めた患者様2018/02/28

経過良好!再発予防で新フコイダン療法を始めた患者様

 

再発防止で新フコイダン療法を始められた方をご紹介します。

患者様は90歳代の女性です。

健康診断で貧血と便潜血があり、詳しく検査を行なったところ、大腸がんと判られました。

大腸がんの中でもS状結腸がんで、周辺リンパ節にも転移があり、ステージⅣと診断されています。

 

経過良好!再発予防で新フコイダン療法を始めた患者様手術により、目で見える範囲の腫瘍は全て切除出来ましたが、リンパ節にも転移が見られたため、手術後は再発のリスクを下げるために、抗がん剤治療を行なうことが一般的と主治医の先生からご説明があったそうです。

しかし、患者様のご年齢を考えると、抗がん剤治療は行なわず、定期的に検査を行ない様子を見ていくことが、一番望ましいとのことで、経過観察になられました。

 

このことを踏まえ再発予防と、体重の減少が気になられていたこともあり、新フコイダン療法を取り入れられることになりました。

始められた当初は、健康補助食品を摂るということに、かなり慎重になられていたそうですが、ご自身のペースでゆっくりと続けられています。

 

新フコイダン療法を始められ3ヶ月程経ちますが、経過も良好で、体重も少し増え、穏やかな日々を過ごされています。

定期的な検診はこれからも続きますが、再発することなく、お元気にお過ごしいただければ嬉しいです。

 

新フコイダン療法は、治療と比べると働きは緩やかで、即効性があるものではないですが、がんの改善、または再発予防としてなど、目的に合せて取り入れていただくことが可能です。

お身体へ負担を掛けることなく、治療を底上げすることで、より良い改善へと繋げる第一歩となると思います。

 


現在の「大腸がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『大腸がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

大腸がん治療の方の専門サイト