大腸がん手術前から新フコイダン療法を開始された方2018/03/27 - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

大腸がん手術前から新フコイダン療法を開始された方2018/03/27

大腸がん手術前から新フコイダン療法を開始された方

 

大腸がんで新フコイダン療法を開始された方をご紹介いたします。

 

大腸がんの手術後、抗がん剤治療をする予定になっているとお聞きしました。

健康診断で要検査になり、大腸がんと診断された時は、「まさか自分が癌になるなんて」と目の前が真っ暗になり、とても落ち込んだそうです。

 

大腸がん手術前から新フコイダン療法を開始された方主治医の先生の説明を聞いて、手術で切除できることや、転移がないことについては、少し安心したけれども、再発する可能性を考えると不安で仕方なかったとのことでした。

手術後の体力が落ちている時に抗がん剤治療をすることも心配されていました。

 

何とかしたいと思い、色々調べた中で、新フコイダン療法を知ったそうです。

初めてお電話いただいた時、取り寄せた資料を何度も何度も読み返したと話されていました。

 

手術まではできる限り癌の勢いを抑える目的。

手術後は抗がん剤治療に補完することで、目に見えない癌を完全に撃退して、もう二度と癌にならない目的。

 

新フコイダン療法を補完する目的をこのように考えたそうです。

 

「手術で切除できても、治療の副作用で体が弱ったり、再発してしまったりしたら嫌だから、今できることをしようと思うんだ。手術や治療を繰り返すのはできる限り避けたいからね。」

と、言われていたのが印象的でした。

 

これから手術、抗がん剤治療をされる中で、新フコイダン療法を補完することで、癌に対しての力を最大限にして、大腸がんを克服に導くためのお役に立てればいいなぁと思いました。

 

まずは手術が無事に終わったというご報告をお待ちしています。

 


現在の「大腸がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『大腸がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

大腸がん治療の方の専門サイト