直腸がんとは - 大腸がん治療|結腸がん・直腸がんのフコイダン最新治療ガイドライン

直腸がんとは

直腸がんとはどんな病気か?

直腸がんとはどんな病気か
大腸がんは、長さ約2mの大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれ、大腸がんの7割を占めています。

直腸は、大腸の最も肛門に近い部分で、肛門から約20cmの大腸のことをいいます。直腸は骨盤の骨に囲まれた狭い場所にあり、周囲を膀胱や子宮・前立腺などの重要な臓器(器官)に囲まれています。

早期の大腸がんは、自覚症状が出にくく、下痢や便秘などの良性疾患との区別もつきにくく、早期発見が難しいことが多いです。

大腸がんは、①大腸の粘膜の細胞から発生した良性の腫瘍(ポリープ)が癌化する場合と、②粘膜から直接がんが発生する場合があります。

大腸がんは大きく分けて、腺がん、扁平上皮がん、腺扁平上皮がんの3つに分類されますが、大腸がんのほとんどが腺癌です。大腸がんは、粘膜から壁の外側に向かって深く広がっていき、進行が進みます。

大腸がんの進行は比較的緩やかで、他臓器に転移した場合でも切除可能な場合は手術を行ないますが、大腸がん(結腸がん・直腸がん)を完全克服するためには、「手術でがん細胞を完全に取り切れるか?」が最も重要になります。

直腸がんは、大腸がんの中の約5分の2を占めます。

直腸がんの場合、血便や便に血液が付着して発見されることが多く、比較的鮮血に近いもので、発見されやすいのですが、痔による出血と思われる事も多いため、見過ごされる場合もあります。
その他には、便秘、便が細くなる、テネスムス(排便がなくても便意を感じる症状)、腹痛などが主な症状ですが、個人差はありますが、全く症状が現れず、急に腹部の膨満感(ぼうまんかん)が強くなり、腸閉塞(ちょうへいそく)になってから発見される場合もあります。

がんが進行してくると、腫瘍で直腸内が狭くなり、便が細くなり、排便した後も残便感があります。これは便が排泄されても腫瘍があるために、便意をもよおす事からです。

直腸がんは自覚症状や出血によって、比較的発見しやすいがんですが、治療となると結腸がんと比較して少々困難になることがあります。

肛門に近い直腸は、骨盤内の深く狭いところにあり、周辺には神経や筋肉、前立腺・膀胱・子宮・卵巣など排便、排尿、性機能などの日常生活に重要な器官があるため、機能をつかさどる自律神経が集まっており、この自律神経をなるべく傷つけないよう手術をするため、一般に結腸がんよりも難しい複雑な手術となります。

大腸がんには再発や転移が起こりやすいパターンがあります。

再発については、大腸やその付近に再発する場合ですが、手術で癌細胞の周囲を大きく取りきれなかった場合に、大腸や直腸、結腸にがん細胞が残ってしまい再発してしまうことが多く確認されます。

転移については、大腸に発生したがんが、リンパ節や腹膜、肝臓、肺、骨、脳などの大腸から離れた臓器に飛び火して大きくなる遠隔転移。特に大腸がんは肝臓と肺への転移が多く確認されます。

また、再発や転移で手術が出来ない場合は、抗がん剤治療となりますが、現在、大腸がんの対象になっている抗がん剤だけでは、多臓器に転移した大腸がん(結腸がん・直腸がん)を克服することは非常に難しくなります。

大腸がんでは、家族歴(直系の親族に同じ病気の人がいるかどうか)は、リスク要因のひとつになります。近年の増加傾向の要因は食生活の欧米化による肥満や生活習慣病が大きな原因ではないかと言われています。